HOME | 試打クラブ情報

試打クラブ情報

試打クラブ情報

このページでは、当店で準備しています試打クラブを紹介します。



EPON AF-256 + TRIαS Fairway TFW  55S  65S

試打クラブ情報

JBEAM J-UT UTILITY + TRPX UT-8 ☆☆

試打クラブ情報

JBEAM KZ-5 + TRPX AFTERBURNER AB503(S)

試打クラブ情報

KAMUI XP-03 + Basileus Tri:Fiamma 5S

試打クラブ情報

2021 BALDO CORSA UTILITY + ATTAS MB-HY For Utility

試打クラブ情報

Cgs Orion HIMEJI x TSUBAME IRON + KBS Tour 120 (S)
長さ・・・37.0インチ
バランス・・・D-1
グリップ・・・ツアーベルベットラバーM62 BL有り
総重量・・・428g
シャープな顔立ちと切れ味をKBSのスムーズな動きとソフトな打感が調和させています。

http://cgs-orion.com/products/03.html
試打クラブ情報

REONESS Iron RI-51 + PROJECT X LZ 5.5
長さ・・・36.75インチ
バランス・・・D-1
グリップ・・・オリジナルイオミックM60 BL有り
総重量・・・429g
2016年内はトゥルーテンパー公認特約店にしか販売されないPROJECT Xの新商品。
最新の技術を搭載されたシャフトです!

http://www.truetemper.co.jp/produ…/projectx/projectx-lz.html

試打クラブ

試打クラブスペック

EPON AF-Tour CB(7I)

  • シャフト … DG/R400
  • 長さ … 36.75インチ
  • バランス … D-1
  • 総重量 … 444g
  • グリップ … EPONオリジナルラバーBL有(50g)

 

試打クラブ

試打クラブスペック

EPON AF-303(7I)

  • シャフト … DG/R400
  • 長さ … 36.75インチ
  • バランス … D-1
  • 総重量 … 444g
  • グリップ … EPONオリジナルラバーBL有(50g)

 

両方ともに同じスペックにする事でヘッドだけの違いが良く解ります。
まず感じたことは、両者ともに構えやすくやさしいアイアンです。
 
Tour CBと両者の大きな違い
AF-Tour CBは、キャビティー部分がネックよりまで設けられ重心距離も短く感じ、リーディングエッジからトレーディングエッジにかけて緩やかにラウンドが付けてあり打ち込んでも抜けが良くダウンブロー派で操作性を重視したいプレイヤーに良いと思います。硬派な感じがアスリートゴルファーの心理をくすぐりそうです。
 
AF-303は、Tour CBに比べるとキャビティー部分がネックよりまで設けておらず、やや重心距離も長く感じ、ヘッドの動きがクラブ任せのオートマチック性を感じます。Tour CBに比べ、より低重心になっているせいかライを選ばずボールを捉え易い感じがしました。シャフトの選び方でシニア&レディースからアスリートゴルファーまで幅広いプレイヤーに愛されそうです。
 
左がTour CB 右がAF-303 ソールのラウンドの違いが解ると思います。
試打クラブ情報

AF-303よりTour CBのキャビティー部がネック寄りまで広く設定してあります。
試打クラブ情報

KAMUI TP-07 ニトロ -NITRO-(窒素ガス入り)+ GENERATION?? 6S
試打クラブ情報

ロフト・・・10.0度
全長・・・46.0インチ(60度法測定)
バランス・・・D-2
総重量・・・317g
強烈な弾き感と軽快な金属音が特徴です。
長さと総重量のバランスが良いですね!

巷で話題になり始めているネクストゴルフの「鎬」を試打しました!!
試打クラブ情報

Newシャフト「鎬」試打感想 AF-152(10.5) Sフレックス
*飛距離やヘッドスピードに不満を持ち始めたプレイヤーには武器になります。
*全長に高弾性シートを使用しているにもかかわらず、高弾性特有のビンビンした感じが無くスムーズな撓り戻り感がある。
*シャフトの動きが解りやすくタイミングが取りやすい。
*軽量シャフトの頼りなさが無く、実際の総重量よりも重たく感じるのでクラブの動きを感じやすい。
*ヘッドが暴れにくい。
*芯を外しにくい為、最大飛距離と平均飛距離が確実にアップする。
*球の掴まりもよくドロー系の弾道が出し易かった。それ以上の引っかけもない。
*重めのシャフト重量が好みのプレイヤーは止めた方がよいでしょう。
プレイヤーターゲットがハッキリしているのでプレイヤー側からも決めやすいシャフトです。

アストロツアーVS201

第一印象は大きすぎず小さすぎない丁度良い大きさが安心感を与えてくれる。
ロフト設定も超ストロングにも関わらず、アンダーカットが可能な限りの低重心を実現した為、球も掴まり良く上がる優しいアイアン。
軟鉄鍛造の打感の柔らかさが気持ちいい。